ゆるまないネジ・ハイブリッドボルトで安全と安心をお届けします。
FAX:0955-70-3530

住宅用金物

ハイブリッドボルトはネジ山にスリットを入れることにより、
『ゆるみ』や『もどり』を防止し、構造的にネジのゆるみを止めます。
住宅用金物のハイブリッドボルトは(財) 日本住宅・木材技術センターより耐ゆるみ性能規格(Sマーク)の認定を第1号で取得しています。
大切な住宅にこそ厳しい条件をクリアしたハイブリッドボルトで安心と安全を実感してください。

羽子板ハイブリッドボルト  腰高ハイブリッドボルト 六角ハイブリッドボルト
羽子板ハイブリッドボルト 腰高ハイブリッドボルト 六角ハイブリッドボルト

 

アンカーハイブリッドボルト 寸切ハイブリッドボルト
アンカーハイブリッドボルト 寸切ハイブリッドボルト

 

特徴1.  ゆるみ止めの効果はダブルナットの10倍以上

住宅業界でゆるみ止め対策として一般的に使用されるのはダブルナットですが、耐震衝撃試験の耐震時間の結果ではハイブリッドボルトがダブルナットの約10倍以上も耐震性があるという結果が出ています。やり直しがきかない住宅の基礎工事にハイブリッドボルトを使用することで地震や震動に強い家作りを実現することができます。

特徴2.  ボルトやナットの抜け落ちを防止

摩擦抵抗(プリベリングトルク)を保ちながら締結していくハイブリッドボルトは、湿気や乾燥の繰り返しで木材が細くなり、軸力が低下したとしてもナットが抜けおちることがありません。

特徴3.  太径材料の使用でより安全に

住宅業界では3級規格の細径ネジ材料を使用することが一般的ですが、ハイブリッドボルトの住宅金物は2級規格の太径材料を使用している為、より安全です。

特徴4.  安心の国内生産

住宅業界で90年の実績を持つ協力工場・(株)徳永にて国内生産をしています。(Zマーク金物規格制定メンバー企業)

※Zマーク金物とは、木造軸組工法用接合金物のことで(財)日本住宅・木材技術センターの承認を受けてはじめて作ることが出来る住宅業界の標準的な製品。承認を受けるには試験・審査を要します。